営業代行とは何なのか?

会社の経営者にとって売り上げを伸ばすことは避けては通れない重要なテーマです。売り上げを増やす方法には様々なものがありますが、その中でも即効性が高いのが営業の人員を増員するというやり方です。もっとも、人員を増やせば、その分の人件費が増額されることになるため、売上高が思ったように伸びなかった場合には収益を圧迫しかねません。そこで、人件費を増やさずに営業リソースを拡大する方策として検討すべきなのが営業代行を利用するということです。

この営業代行というのは、文字通り、クライアントである会社などに代わって様々な営業活動を行ってくれる業者です。そのサービス内容は多種多様であり、代表的なものとしては潜在顧客に電話をかけて商品の購入を勧誘するというテレアポサービスや、自社の営業マンの代わりに顧客のアポイントをとってくれるアポハンターといったものがあります。これらを有効活用すれば、社員を増やさなくても営業力を高められるというわけです。

営業代行の効率的な利用方法とは?

営業代行は非常に便利なサービスではあるものの、だからといって自社の営業活動を何でもかんでもアウトソースすればよいというわけではありません。丸投げしてしまうと社内で優秀な営業マンが育たなくなり、結果的に営業力の衰退を招きかねないためです。そのため、営業代行を利用する場合には、あらかじめ自社の営業力を分析した上で、弱みのある分野について集中的に代行してもらうようにするのがおすすめです。

営業代行とは、企業における労務管理やIT業務、会計処理などアウトソーシング可能な営業活動を代行するサービスのことです。